>

カウンセリングで良いサロンを見極める

どうすればうまく伝えられる?

派手髪にしてくれるサロンでは、個性的な注文や奇抜なオーダーをもらうのが常ですのでぼんやりとしたオーダーでも汲み取ってくれるケースがほとんどです。しかし毎回うまく伝えられない、またはイメージと違う状態にされてしまう。そんな場合はいくつかの確認ポイントがあります。
オーダーを聞かれた場合、髪の毛の悩みやスタイルを簡単で良いので伝えます。「傷みがひどいので目立たなくしたい。」「ピンク系の派手髪にしたいけれど、似合うスタイルが分からない。」といった具合でOKです。
それをうまく汲み取ってくれるサロンは信頼出来ますし、美容師側からいくつか質問し深く掘り下げてくれます。カウンセリングをしっかりしてくれないサロンは、お世辞にも良いとは言えません。

汲み取る為にコミュニケーションを

どんな技術力や信頼されているサロンでも、お客さんのオーダーや気持ちを汲み取ってくれないと意味がありません。サロン側の汲み取りは良いサロンであるかの重要な判断材料です。
但しお客さんの中には緊張してうまく話が出来ないタイプだったり、伝えるのが難しかったりするタイプもいます。そんなお客さんを解きほぐす為に雑談をクッションにしてコミュニケーションを取るサロンがおすすめです。
お客さんによっては「雑談なんて必要ない。早く施術に入れ。」と思うかもしれませんが、美容師とお客さんがうまく意思疎通を取る為の大切なアクションです。
逆を言えばコミュニケーションを取らずに、勝手にカラーリングを含む施術をするサロンは要注意です。


この記事をシェアする